スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.02.04 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    金正恩の母親が横田めぐみさんという説にびっくり

    0

      今,北朝鮮に対して,世界の注目が集まっています。

      北朝鮮という国については,いろいろな見方や説があって,信頼に足る情報源を持ち合わせていない私には,正直言って何が真実なのかよくわかりません。昨今の張成沢(チャンソンテク)粛清事件についても,ただただ随分思い切ったことをやる“異常な”国だなぁと,驚くばかりです。

      そんな私ですが,つい最近,国際アナリスト・飯山一郎氏の『横田めぐみさんと金正恩』三五館)という書物を興味深く読みました。なんと,北朝鮮に拉致されたまま消息を絶っているあの横田めぐみさが,金正恩キムジョンウン)の母親として,健在どころか大変な地位についているのだという内容。





      思わず,日頃私が毛嫌いしている“トンデモ本”の一種じゃなかろうか,とかなり躊躇したのですが,飯山一郎氏の名前に惹かれてついつい目を通してしまった次第。

      ちなみに氏は,1946年生まれの元上海鉄道大学教授国際アナリストであると同時に,エコ推進実践家古代史研究者化学者株式売買指南役平和主義者‥‥と多彩な活動を誇っています。

      1999年に自ら発明した「グルンバ・エンジン」による乳酸菌・発酵菌の大量培養法を確立。あの3.11の原発事故以降,“米のとぎ汁乳酸菌”を摂取すると免疫細胞(NK細胞)が増殖し放射線障害を予防できると主張。同調者が一挙に増え,一大乳酸菌ブームとなりました。「光合成細菌&乳酸菌」での放射能浄化にも期待がかけられているといいます。微粒子化による汚泥の消散処理プロセス』『有機物の生分解と発酵菌群よる腐敗臭の除去』という本格的な化学論文もあります。

      しかし何より印象的なのは,金正恩という存在すら知られていなかった7年以上も前から「金正日の後継者は金正恩」と言い続け,それが見事に的中したという事実。ある意味,これは凄いことと言わざるを得ません。

      そんなわけで,この人の話ならまんざら眉唾でもなさそうだとも思えるのですが,とはいっても,あまりにも信じ難い話なので,今でも半信半疑であります。

      その真偽はいずれ歴史が証明してくれるに違いない。その時のために,何はともあれ氏の主張を記録しておくことも悪いことではないと思い立って,その要点をここに書き記すことといたしました。

      ◆金正恩の絶望的なハンディ

      金正恩が表舞台に登場する以前は,その母親は高英姫(コヨンヒ)と噂されていた。高英姫(故人)は金正日の3番目の側室で,その出自は済州島出身者の娘であり,在日朝鮮人。その上金正恩は,米国や韓国からは韓国の哨戒艦撃沈の犯人と目されていた。従ってそれが本当なら,彼が後継者になるには絶望的なハンディを背負っていたといえる。

      それが何故,金正日の後継者に成り得たのか。

      ◆金正恩の出生の不思議

      金正恩はその顔さえも知られていない完璧に謎の人物だった。20数年間も“極秘中の極秘”にされてきた。実は,高英姫の子供ではなく,4番目の側室金玉(キムオク)の子でもない。

      金正日の後継者が誰か,世界は知らなかったが,実際には,金正恩が生まれた時から世襲が約束されていた。生まれた直後から特別教育を受け,その存在からして絶対秘密とされてきた。

      ◆金正恩は“神格化”された存在

      彼がデビューしたのは,2010年9月末。しかし中国の胡錦濤主席は,それ以前の5月に既に彼の“世襲”を認めていた。もちろん中国は,ことの真相を知っていた。この26〜7歳の青年には神がかり的な自信実力が身についており,中国も異常なほどの気の遣いようだった。

      ◆北朝鮮の国家体制の変貌

      北朝鮮は,2010年9月28日の朝鮮労働党代表者会において労働党規約を改正し,共産主義国家ではなくなった。つまり,建国の父金日成(キムイルソン)を党と革命の永遠の領袖と規定する「永遠の金日成の国家」ともいうべき「金王朝」に移行した。

      その目指す国家体制は,ゞ眛成の国家(万世一系の壇君神話) ▲船Д船А兵臑痢忙彖(一種の天皇機関説) 6盛大国(一種の大東亜共栄思想) だ莊垣治(軍事大国)。要するに,古い“大日本帝国”の復活ということ。

      これを指導したのが他ならぬ金正恩であり,胡錦濤の中国が全面支持した。

      ◆金正恩の本質

      金正恩こそが,「先軍政治=軍国主義・北朝鮮」の“大本営”であり,ウルトラ軍国主義者。2010年10月10日の大規模閲兵式で公開された潜水艦発射型核ミサイル「ムスダン」は,彼の指導で製造されたもの。これを閲兵する父・金正日の敬礼はシロウトのそれであったが,金正恩の敬礼はビシッと音の出るようなまさに生来のプロ軍人そのもの。自信とオーラに溢れていた。

      すべて,彼の生まからきている。では,金正恩の母親は誰なのか。

      ◆横田めぐみさんの動向

      金正恩の誕生日は,1982年,1983年,1984年と3説あるが,金正日の料理人として仕えた藤本健二氏の話から,1983年1月8日と考えられる。

      北朝鮮側は,横田めぐみさんが1984年まで李恩恵(リウネ)こと田口八重子さんと拉致者収容所で同居していたと説明しているが,これは嘘。大韓航空機爆破事件の実行犯・金賢姫(キムヒョンヒ)が,自分は81年7月から83年3月まで田口八重子さんと同居していたと証言しており,韓国の公安当局から追認されている。同居の目的は,工作員として田口八重子さんから日本語を学ぶため。

      逆に,めぐみさんがこの頃に超高級デパートで買い物をするなど,優雅な生活をしていたとの目撃談がある。北朝鮮側としては,この時期,めぐみさんが拉致収容所にいたことにしたかったのだろうが,事実は違っており,拉致されためぐみさんは79年秋から84年秋までフリーであった。

      実はこの間,めぐみさんは田口八重子さんや工作員の金淑姫(キムスクヒ)と同居生活をしていた。

      ◆金正日と横田めぐみさんの出会い

      大韓航空機爆破事件の指導と総指揮は,当時既に金日成の後継者に指名されていた朝鮮労働党書記の金正日が執った。その目的は,大韓航空機の原因不明の空中分解によって韓国政府の国際社会における信頼低下を引き起こし,翌年にソウルで行われるソウルオリンピックの妨害を行うため。そのため日本人工作員が必要となり,田口八重子さんや横田めぐみさんが拉致されることになった。


      金正日をリーダーとする爆破作戦チームが,81年初夏から83年3月にかけて(金賢姫の証言),東北里3号招待所と呼ばれる極秘施設において連日連夜,日本人化教育日本人父娘を擬装する訓練を行った。ここで,田口八重子さんが金賢姫に対し,横田めぐみさんが金淑姫に対して,各々日本人教育に精を出した。82年4月,金賢姫が朝鮮労働党に入党しここを去ると,残ったのはめぐみさんと金正日と金淑姫。

      工作員達の世界(裏社会)では,金正日とめぐみさんは事実上の夫婦だった。ここでめぐみさんは82年4月頃,金正恩を懐妊した。

      1987年11月29日に大韓航空機爆破事件が起き,めぐみさんは「重要参考人」の一人となり,世に出ることができなくなってしまった。


      ◆中国政府と北朝鮮

      中国は,60年も前の朝鮮戦争以来,北朝鮮を支援することを使命としてきた。そして5年も前から,(金正恩への個人的感情ではなく)金正恩の体制を国家的事業として支援している。

      中国と金正恩の朝鮮は,ウインウインの関係。金正恩は中国に守られながら,北朝鮮の国家利益を追求してゆくだろう。胡錦濤から習近平に大権が移行しても引き継がれていく。金正恩の朝鮮は,堅固であること極まりなのである。

      そんな中で横田めぐみさんは,いわば“皇后陛下”であり,隠然とした力を持つに至ったとみられる。


      以上。

      これが,フィクション・妄想なのか,それとも事実なのか。前述したように,いずれ時が経てばはっきりすることでしょうね。

      事実だとしたら,北朝鮮側の横田めぐみさんの真相を徹底的に隠そうとする姿勢がよく理解できます。

      それにしても,よくできた話なので,感心いたします。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.02.04 Tuesday
        • -
        • 21:02
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ▲船Д船(主体)思想→
        ▲船絅船(主体)思想です😃
        • 韓琉
        • 2016/04/03 7:28 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        1392年から1910年までの約520年間27代続いた李氏朝鮮。その朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に嫁いだのが元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)皇太子妃です。李 方子さん→(娘)横田早紀江さん→(娘)横田めぐみさん→(息子)
        • 雨上がりの散歩
        • 2017/02/16 10:20 PM

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        時刻

        通販・楽天市場

        プロフィール

        profilephoto
        団塊の世代に属す。居住は石川県。宇宙,自然,生物,人生,社会,歴史,世界遺産,縄文文化,仏教,武士道,政治,経済,国家の統治,企業のガバナンス,経営管理,古典芸能,映画,音楽,写真,食べ歩き,旅行,家庭菜園,ウオーキング,断捨離,掃除 ‥‥,等々生来の好奇心は尽きることなし。雑食系人間なので,食べる物は分野・種類を選ばず。最近は健康維持のためノルディック・ウオークに勤しんでいる。

        ツイッター

        DMM/人気商品レンタル

        家電レンタル

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR